CAATsツールを活用したデータ分析手法の導入

☞ 地方公共団体

【工事契約データ分析におけるCAATsツールの活用】

工事契約台帳データをACLプロジェクトにインポートし、データ上で保持する件名、日付(契約日・着工日)、金額(当初金額・変更金額)等の項目の関係性に着目した分析処理を実行することで、異常な兆候を示す案件の特定を実施。