CAATs事例:労務監査

労務監査とは、経営課題の1つである労務に対して、経営者(内部監査人含む)が労務課題を評価・指導することであり、企業の労務管理体制の適正性や法令に対する準拠性について監査を行います。また、近年では「働き方改革関連法案」の施行により、いわゆる「36協定」に関する監査項目が設定されることが多くなっており、36協定違反(サービス残業、未払い残業など)が社会問題になるケースも少なくありません。

そこで、今回は時間計算による労務監査において、CAATsを活用した事例を、ご紹介します。


詳しくはこちらをご覧ください。

23回の閲覧