ビジネスグラフ

CAATs事例

CAATsを実務で活用した分析シナリオにはどのようなものがあるのか、CAATsの事例を交えて紹介します。

監査業務におけるデータ分析の実践に向けてご活用ください!

16.png
 

会社が定めている職務分掌に従って、業務手続が継続的に運用されているか、データを利用して漏れなく検証したい場面があるかと思います。

販売プロセスにおける受注登録と出荷登録の職務分掌を対象にCAATsを利用する事例を紹介いたします。

補助金とは、国や地方自治体が企業に対して交付する給付金のことを指します。

補助金の執行が、適正に行われていることを監査する上で、効率的・効果的に監査対象を特定することができないかと悩んでしまうようなことはないでしょうか?

今回は、統計分析手法を取り入れたデータ分析により、補助金監査の対象を特定した事例について、ご紹介します。

労務監査とは、経営課題の1つである労務に対して、経営者(内部監査人含む)が労務課題を評価・指導することであり、企業の労務管理体制の適正性や法令に対する準拠性について監査を行います。また、近年では「働き方改革関連法案」の施行により、いわゆる「36協定」に関する監査項目が設定されることが多くなっており、36協定違反(サービス残業、未払い残業など)が社会問題になるケースも少なくありません。そこで、今回は時間計算による労務監査において、CAATsを活用した事例を、ご紹介します。